年に一度?釣り三昧の日❣️

投稿日: カテゴリー: TALEX, サングラス, フィッシング, 釣り

6月のこの釣りは去年もそうだったのですがとてもハード!!でも最高の天気!!

終わった頃には腰が立たないくらい痛だるいし、疲労は極限でしたが飛行機雲が癒してくれました。

何せ朝の6:30 集合の昨日も納竿が6時過ぎ。

何時までやろうね~なんて打合せもなく、今年もとにかく釣りに1日約12時間没頭。

少し陽も高くなり10番のカディスで元気いっぱいの空飛ぶ30cm前後のニジマス4-5匹と遊んでいる間に

友人は、50cm弱の隆々ニジマスをウェットにて数匹ゲットしてましたので

先程友人が良いサイズをバラシた木陰となったポイントを開けてくれたので

基本はドライの私も弱気となりウェットに変更、変わらずのサイズは来るけど希望に叶わない。

蝉の大合唱が響き渡る最高の天気~この場所をそろそろ引上げる頃かな~と考えながら

そろそろ良い時間だし自分の流儀(ドライフライ)であるドライ(シケーダー)を試してみよう!!

一投目、「デタッ!」しかしフックせず、そのあと何投か流すも見切られたか??

Rainbow

次は2メートルほど手前の水下に大きな岩がある(さすがTALEXラスターオレンジ)と自画自賛しながら

手前を狙いキャストすると、モワーっと「クッタ-!!」

一、二度合せなおししっかりフックさせたら、デカイ!!だからか飛ばない

数メートル下流に行かれると流れの速い背になるし足場が悪く滑る!!

今日軽い沈二度してるし、もう水と戯れたくはない!!手前にニジが走っってきた瞬間に背の頭まで移動し

ニジの下流に入りそれ以上は下流に行かせるものか!!という気合をみせたら

瞬間浅瀬の方に走り始めたので竿でも誘導しやっと46.5cmのニジマスゲット!!

釣らせてやろうと気を使ったんだろう遠くに見えるO君に「Oク~ン!!と大きな声で自慢」も完璧(笑)

御蔭で「大きなサイズは何故俺にはかからない!!」って呪縛もその瞬間解消されました。

それから数時間午後に寄った場所ではいろんな思いを胸に竿をだしてみたのですが

AMEMASU

40オーバーのアメマスと30オーバーにチビアメ、チビニジはでたものの

昨年のような活性高い状況には程遠くライズはゼロ

辺り一面小さなユスリカ?のハッチ!!があったのが不幸中の幸いでしたが

なのに魚っ気が水面からは感じられない静かなものでした。

昨年のこの土曜日は同じ場所にてバチャバチャとライズ

成果も53cmのアメマスをドライで釣ったあの楽しい思い出が今も頭から離れません

もう少しだけKOSEIの北海道の短い夏の釣りはつづく

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です