日本-タイメガネボランティア

RIMG0264-s

【私「このメガネでみえますか?」

通訳さん「・・・・・・・」通訳してくれます

その返事に最初笑っちゃいました。

「ミエヘン、ミエヘン」

タイ語で見えないという言葉が「見えへん!!」って聞こえるのです】

 

所属するNPO-JTO-VGのミッションに、久々に参加することとなりました。

この活動は毎年10月~11月に行われているのですが

今年は10月26、27の2日間です。

毎年行きたいのはやまやまですが、

当然自費ですから、前回参加した2009年から4年ぶりに参加となります。

この活動はタイでは大きな国民の求心力をもつ仏教界と

タイの赤十字のご協力を頂いて行っている活動で

バンコクから数時間離れた田舎の御寺を主な会場に、毎年場所を変えて行われております。

できることなら、店並に視力測定機器を持ち込みやることが理想ではありますが

いろいろな法的にも制限がありあらかじめ作った老眼鏡を

現地の日本語学校の生徒さんや、留学経験のあるボランティアスタッフ

タイに在住歴の長いタイ語の流暢な日本人の方などの通訳で

度数を選んで、お渡しするというのがミッションです。

その見えた時に見せる満面の笑顔が忘れられなく

眼鏡を購入できない方のためにというより

この仕事って自分の天職なのかもしれないと

毎回気づき、また頑張れるいい機会となってて

今回も勇気づけられて帰ってこれると思います。

お客様の使わなくなった眼鏡を提供頂き、レンズは取替え、フレームをリフレッシュ

皆様の気持ちも一緒にお届けしてきます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。