タグ: 路面凍結

目からウロコ、目にフィルター!!

北海道の冬に青空となる確率は30%位ではないでしょうか?

70%は写真のようにどんよりとしたグレー

まだ、吹いたり降雪がなかったので走りやすかったけど

これで吹いたら肩に力を入れてのガチガチ前のめり運転となってしまい

肩はバンバンに張り、普段の数倍の疲れとなります。

先日、この視界を向上させてくれるTALEXカラーは何なのか?

いつもなら、常識のAC(アクションコパー)、EG(イーズグリーン)に

最近お気に入りのRO(ラスターオレンジ)の三色のログネットを持ってのフィールドテストなのですが

今回は、TALEX社PEACE BROWN(ピースブラウン)だけを持ってフィールドへ

そう思いたったのは、明るさを欲する年齢となってきた自覚??なのか

若干の水晶体の混濁なのか?桿体細胞が少なくなってきたのか?

何か明るさがとても重要に思える御年頃なのでしょう!!

とっさに手に持ったのが タレックスのPEACE BROWN(ピースブラウン)

向ったのは富良野を出て隣接するまち方面のダム周辺の国道

たまにクマゲラの生息が確認される原生林が残る場所

予測通り、なかなか判断しにくい一面グレーのフラットに見える路面でしたが

PEACEBROWN が、期待通り優しく凹凸を浮だたしてくれました。

偏光率、つまり雑光カット率は50%、可視光線透過率も50%というと

いつものTALEXカラーと比べると低く感じられますが

太陽が見えない雪道・冬道の運転時

雪国に住む50歳以上の目に特におすすめしたくなる

心地よくあなたを包んでくれるような優しいフィルターです。

 

タカラヤweb 冬道・雪道ドライブサングラスページ追加

ここ1週間で25℃を越えた日が何度もあり

また、昨夜からは大荒れで吹雪

ちょっと風がつくとその寒さは数倍の体感温度となり

あらためて北海道の富良野が過酷な地であることを認識した次第。

そんな中、準備していた冬道・雪道運転TALEXサングラスのページ

あらたに追加!!あなたの命を守るサングラス選びのお役にたてて下さい。

冬道・雪道ほんとうサングラスPRO-SHOP

TALEXサングラスの伝道師 KOSEIが担当致しました。

 

 

平成29年 元旦 今年もご愛顧の程よろしくお願い申し上げます。

%e3%81%84%e3%81%a4%e3%81%be%e3%81%a7%e3%82%82%e8%a6%8b%e3%81%a6%e3%81%84%e3%81%9f%e3%81%842017%e5%85%83

新年あけましておめでとうございます。

旧年中は株式会社 宝屋時計店をご愛顧賜りありがとうございました。

私達の仕事は様々な感動を提供していくことです。

見える感動、聞こえる感動、装う感動、反射の消える感動・・・・等

タカラヤではまだまだ沢山の感動のご用意スタッフが揃えております。

是非どんな感動があるのか是非お確かめにお越し頂ければ幸いです。

 

イラストは孫の笑顔をみて微笑む紳士という

富良野在住の画家 イマイカツミさんの絵です。

この絵のように、いくつになっても最高の孫の笑顔が見れるよう、はしゃぐ声が聞こえるようタカラヤに御縁をいただけましたお客様の「健康」という意味でもお役に立てればと思っております。

今年も変わらぬご愛顧の程宜しくお願い致します。

タカラヤ スタッフ一同

 

 

 

 

冬の眩しさから目を守ろう!!7日間無料お試しフェア

TALEXPOP

冬の足音が少しずつ近づいてきました。

眩しさ対策はお済ですか??

単にサングラスといえど

今や100円ショップにもある時代

どこが違うの??って云われて

サングラスを掛けてちょっとすると頭が痛くなったり、レンズを斜めからみると映り込みがグニャーっと曲がったり・・・・

1時間じゃ説明できない程説明させて頂いても良いのですが

「一見は百聞に如かず」ということわざがあるように体験頂く事が納得して頂く一番の近道

それも、店頭だけじゃなく、皆さんの生活の中で7日間お試し頂いて、納得頂ければお求め頂こうって企画です。

ですから、安心して御返し下さいってことです。

何よりも、冬の眩しさによる不快な視生活、そして安全な歩行や車の運転していただけるのが私たちのお仕事です。

★稲作農家のお客様に「水田のギラツキで目が疲れてどうしようもなくいやでいやで、もっと早く教えてくれなかったんだ!!」って怒られたこともあるレンズです。

【冬道の魔物から命を守るTALEXサングラスレンズ】

ソチオリンピックにて

緑のOAKLEYサングラスが妙に目につきますね!!

世界のアスリートほとんどがサングラスを掛ける理由

それは単に眩しいからではありません。

  • 自分の進路や外的状況を正確に認識、分析、対応した伝令を脳が瞬時にカラダ全体の筋肉へ正確な指令を出せるように。
  • 眩しさ、ギラツキが脳でストレスとなり、ストレスホルモンが出てカラダの疲労となることを防御することにより、最後まで万全の情況で戦えるように。

こんな深い研究の結果があるのです。

さて、それでは私たちの生活の中でサングラスを掛けなければならない理由

確かに眩しいからなのですがそこには、命に係わる事もあるのです。

  • 車の運転、今は冬、冬の車の運転で考えると正確な路面の認識、分析、それに対応した運転方法となります。
  • 眩しさ、ギラツキが脳でストレスとなり、ストレスホルモンが出てカラダの疲労となり俊敏な判断、対応、集中力の低下とならないように。

IMG_2814s IMG_2813s

ノンTALEX                                                   オンTALEX

今朝の駐車場風景です。【写真をクリックして拡大できます】

出勤時もサングラスなければ目を細くしたりと、安心安全が保てない情況でしたが、愛用のTALEX トゥルービュースポーツでは、安心な気持ちで運転でき店に着きました。そこで、駐車場のタイヤの跡などを何もない状態と、TALEXーTVS 【タレックストゥルービュースポーツ】にて撮影してみました。

どうです?タイヤ痕のコントラスト、タレックスなしでは反射で見えない細かなラインが、タレックスありでは鮮明に細かなところまで正確に判断することができるのです。微妙な路面の傾斜、わだち、凍結状況(路面の凍結は全ての反射が消えるわけではありません。逆に全ての路面の反射が消え、凍結路面を圧雪と判断したなら大変な事にもなります。路面は真っ平な状況ではなく凸凹があるから)。

単にスピードを出さない運転を安全運転というのではなく、もちろんスピードは控えめですが状況を正確に判断し運転する事こそ正しい安全運転なのです。

そして、安全運転には、ほんとうのサングラスが必用不可欠なのです。